パルミジャーノ レッジャーノ

スポンサーリンク

パルミジャーノ レッジャーノ

スポンサーリンク

パルミジャーノ レッジャーノとは

パルミジャーノ・レッジャーノはイタリアの伝統的なチーズの一種です。

1つの大きさがとても大きく、30㎏以上もあるチーズです。

イタリアンチーズの大様とも言われるパルミジャーノ レッジャーノ。

現在ではイタリアでも限られた地方、エミリア・ロマーニャ州で作られるD・O・Pチーズの名前として認定されます。

製造は1日一回のみ、熟成は最低1年となります。

英語ではパルメザンチーズとも呼ばれます。

しかし、パルメザンチーズと言うものの多くはパルミジャーノ レッジャーノを模して作ったチーズ。

EU圏では禁止されているそうです。

パルミジャーノ レッジャーノは生の牛乳から作られ、少なくとも12か月熟成された硬い粒状のチーズです。

ナッツのような強い風味があり、すりおろしてパスタやサラダなどの料理によくかけます。

パルミジャーノ レッジャーノは、パルミジャーノ レッジャーノの指定に必要な品質と風味の高い基準を満たすチーズを生産するために、厳格なガイドラインに従うパルミジャーノ・レッジャーノ協会によって保護されています。

パルミジャーノ レッジャーノ 歴史

パルミジャーノ・レッジャーノは中世から続く長い歴史を持つチーズです。

13世紀頃にイタリアのエミリア・ロマーニャ地方で生まれたと考えられていますが、10世紀にさかのぼるという話も聞きます。

チーズは元々、この地域の修道士が余った牛乳を保存するために作ったものです。

現在もパルミジャーノ・レッジャーノは代々受け継がれてきた伝統的な製法で作られています。

生の牛乳から作られ、少なくとも12か月熟成され、その間、慎重に手入れされ、定期的に回転します。

パルミジャーノ レッジャーノは原産地呼称保護 (PDO) ステータスを持っています。

つまり、特定の方法を使用してイタリアの特定の地域でのみ生産することができます。

これにより、チーズの高品質と信頼性が保証されます。

パルミジャーノ レッジャーノ うますぎ?美味しくない?どっち?

 

パルミジャーノ・レッジャーノ 使い方

ルミジャーノ・レッジャーノは、塊状のままでも美味しいです。

しかし、お料理に挽いたり、お肉や野菜にかけたりすることで、さらに風味を引き出すことができます。

また、野菜の上にかけることで、さらに風味を増すことができます。

サラダなどに摺り下ろして振りかけると美味しいですね。

また、あまり甘くないので、フルーツやナッツと一緒にに食べることもおすすめです。

また、パルミジャーノ・レッジャーノは、抜き出した風味を持つため、お酒のグラスと一緒に飲むこともおすすめです。

特に、赤ワインやブランデーとの相性が良いとされています。

お好みの使い方で、ぜひお楽しみください。

パルミジャーノ レッジャーノ 切り方

ニーズや好みに応じて、パルミジャーノ レッジャーノ チーズを切る方法はいくつかあります。

切ったり削ったりすることで、それぞれに風味が変ります。

サラダに使用するときはすりおろして風味を楽しみます。

スライスしておつまみに、削るとまた風味が変ります。

すりおろし

パルミジャーノ レッジャーノをすりおろすには、おろし器またはすりおろしが付いたフード プロセッサーを使用できます。

おろし器の表面にチーズを走らせるだけで、細かくもろいつぶつぶが出来上がります。

スライス

パルミジャーノ レッジャーノをスライスするには、鋭いナイフまたはチーズ スライサーを使用できます。

ナイフを使用する場合は、チーズをまな板に置き、のこぎりで薄くスライスします。

チーズスライサーを使用する場合は、チーズをスライサーの上に置き、前後にスライドさせて薄切りにします。

削る

パルミジャーノ レッジャーノを削るには、野菜ピーラーまたはチーズ プレーンを使用できます。

片手でチーズを持ち、ツールを使用してチーズから薄いストリップを削ります。

パルミジャーノ レッジャーノを切るときは、鋭利なナイフまたはツールを使用することが重要です。

チーズは非常に硬く、鈍い刃では切るのが難しいからです。

 

パルミジャーノ レッジャーノ 削り方

 

パルミジャーノ レッジャーノ 販売店

パルミジャーノ レッジャーノ コストコ

カークランドシグネチャーのパルミジャーノレジャーノ24ヶ月が販売されています。

パルミジャーノ レッジャーノ 成城石井

イタリア フェラリーニ パルミジャーノレジャーノ 24ヶ月熟成 180gが販売されています。

パルミジャーノ レッジャーノ 東京デーリー

使いやすい大きさにカットした商品を販売しています。

パルミジャーノ レッジャーノ 業務スーパー

パルミジャーノレッジャーノ ライフ

パルミジャーノレッジャーノ カルディ

細かく砕かれたパルミジャーノ レッジャーノが販売されています。

パルミジャーノ ふるさと納税

ふるさと納税でパルミジャーノ レッジャーノを入手する事はできるのか?

調べてみるとパルミジャーノ レッジャーノと同じような製法で作られたナチュラルチーズは入手可能な様です。

もちろん、パルミジャーノ レッジャーノは、イタリアの限定された地方で作られたものだけにつけられる名前です。

ですからパルミジャーノ レッジャーノではありません。

同じような製法のナチュラルチーズだと言うだけのものです。

パルミジャーノ レッジャーノが使われている料理は入手可能

パルミジャーノ レッジャーノのそのものは入手できない様ですが。

パルミジャーノ レッジャーノが使われた料理を入手可能な様です。

世界のチーズ詰め合わせは入手可能

ふるさと納税は、基本日本で作られたもの、特産品が対象です。

ただ、日本の工場で加工された輸入品もあります。

世界中から仕入れたチーズを自社工場で丁寧に加工しています。
人気の高い商品を詰め合わせにしました。

と言うようなチーズもあるようです。

 

パルミジャーノ レッジャーノ 冷凍

パルミジャーノ レッジャーノは、長期間熟成しているうちに水分が抜けます。

発酵している事もあり、長期保存できるチーズでもあります。

常温保存していても食べられなくなることはありません。

問題は、日本が多湿の地域である点です。

多湿で菌類が多い日本では、カビが発生する場合があります。

カビ対策は、餠などと同じで、冷凍庫に入れるのがもっとも良いと言えます。

しかし、冷凍からの解凍時に劣化が進み風味が落ちるため、冷蔵保存で食べきる事をお勧めします。

パルミジャーノ レッジャーノ カビ

パルミジャーノ レッジャーノを切った後、保存状況が悪いとカビが発生します。

パルミジャーノ レッジャーノは、タンパク質が分解されて「チロシン」というアミノ酸となり結晶化したものが浮き出すことがあります。

白い物が、カビなのか、チロシンなのか注意が必要です。

カビは、ふわふわしていて、胞子などの発生しています。

綿毛上になっている場合カビなので、体に害がある場合があります。

パルミジャーノレッジャーノ 丸ごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました