カマンベールチーズ

スポンサーリンク

カマンベールチーズについて調べてみましたのでご紹介します。

ピザと深いかかわりのあるチーズをご紹介していこうと思います。

ピザとチーズは切っても切り離せませんが、チーズ自体も美味しいですよね。

高タンパクでビタミンを多く含むチーズは健康食としても見直されています。

ピザが好きで食べていくと、チーズにも自然に興味がわきました。

いろんなチーズを食べてみたいと思います。

チーズはビールにもワインにもあいますしね。

スポンサーリンク

カマンベールチーズとは

カマンベールチーズとは、フランスを代表する伝統的なチーズの一種です。

カマンベールチーズは、牛乳つまり牛の乳を使用して作られ、風味が深く、よりコクがチーズです。

表面には赤い菌が生えていることが特徴です。

牛乳で作ると聞いて当たり前だと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、世界には牛以外の山羊や水牛などからチーズを作る地方もあります。

カマンベールチーズは、冷たいものやサンドイッチなどと一緒に食べることができます。

そのまま食べて美味しいチーズと言えます。

また、カマンベールチーズを使った料理を作ることもできます。

例えば、カマンベールチーズを使ってパンプキンスープやカマンベールチーズのステーキを作ることができます。

カマンベールチーズは、フランス風の料理によく使われるので、フランス料理のレシピを参考にすると良いでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

miwa.lmytable(@miwa.lmytable)がシェアした投稿

カマンベール チーズ 栄養

カマンベールチーズは、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、カリウム、成分などのミネラルを含んでいます。

マグネシウム、カリウムなどは生きていく上で欠かせないミネラル。

マグネシウムは、免疫機能とも深く関係があると言われています。

コロナ予防にもマグネシウムは有効だと言われています。

また、ビタミンB12、リボフラビン、およびタンパク質も含んでいます。

カマンベールチーズだけで必要な栄養素のかなりの部分が摂れてしまいます。

しかし、カマンベールチーズは、濃厚な味わいであるため、少量で満足できるので、栄養バランスをたまに、他のタンパク質や栄養素を含むだ食品と料理にするといいでしょう。。

カマンベール チーズ 作り方

カマンベールチーズはフランスの伝統的なチーズで、牛乳つまり牛の乳を使用して作られます。

以下は、カマンベールチーズを作る方法の一例です。

カマンベールチーズの作り方

  1. 牛乳を大きな鍋に入れ、60℃に温めます。
  2. 乳酸菌を加えて、さらに15分間保温します。
  3. チリを加えて、牛乳をゆっくりと計算させます。
  4. リゾットを加えて、牛乳をゆっくりと計算させます。
  5. コニャックを加えて、牛乳をゆっくりと計算させます。
  6. 溶かしたカマンベールチーズを加えて、混ぜ合わせます。
  7. チーズをゆっくりと溶かし、よく混ぜ合わせます。
  8. フォンダンを加えて、よく混ぜ合わせます。
  9. チーズを型に流し込んで、冷蔵庫で冷やします。
  10. 型から取り出して、カマンベールチーズが完成です!

カマンベールチーズは、冷たいものやサンドイッチなどと一緒に食べることができます。

つまり、そのまま食べるのにも適しているチーズと言う事ですね。

また、レシピを少し変えることで、いろいろな種類のチーズを作ることができます。

カマンベール チーズ 食べ方

カマンベールチーズは、冷たいものやサンドイッチなどと一緒に食べることができるチーズです。

また、カマンベールチーズはフランスでは様々な料理にも使われています。

例えば、カマンベールチーズを使ってパンプキンスープやカマンベールチーズのステーキを作ることができます。

カマンベールチーズのステーキは、カマンベールチーズを軽く焼いて中を少しとろりとさせて食べる料理です。

ワインなどのお供にとてもあいます。

カマンベールチーズを使ってパンプキンスープをつくるのは知れベてみて初めて知りました。

@aya_bistro #かぼちゃレシピ #かぼちゃスープ #パンプキンスープ#カマンベールチーズ #おうちレストラン #出張シェフ#フランス家庭料理 ? 青のカナリア – TonyGumbo

Tiktokに動画が上がっていました。

カマンベールチーズは、フランス風の料理によく使われるので、フランス料理のレシピを参考にすると良いでしょう。

また、カマンベールチーズはお酒との相性も良いため、ワインとカクテルと一緒に食べるカマンベールチーズを食べたら、一口大に切って、口に入れてみてください。

チーズ カマンベール 塩分

カマンベールチーズは、塩分を含んでいます。

食べた感じも塩味を感じるチーズです。

カマンベールチーズには、フランスの伝統的な味付けが施されているため、塩分が含まれているのです。

カマンベールチーズを作る際には、塩を使って味付けすることが一般的です。

ただし、カマンベールチーズに含まれる塩分量は、製造元やブランドによって異なることもあります。

また、カマンベールチーズを使った料理を作る際にも、塩分量の違いには気を付ける必要があります。

塩分を気にする方は、カマンベールチーズを購入する際には、ラベルをよく読んで、塩分量を確認するようにしましょう。

カマンベールチーズ カゼイン

カマンベールチーズは、カゼインを含んでいます。

カゼインは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種であり、カマンベールチーズを作る際に、牛乳からタンパク質を抽出するために使われます。

カゼインは、そのタンパク質を構成するアミノ酸のうち、セリンに由来する部分(セリン残基)の多くにリン酸が結合した、リンタンパク質(リン酸化タンパク質)の代表的な例である。この特徴のため、カゼインは分子全体としてマイナスの電荷を帯びており、カルシウムイオンやナトリウムイオンと結びつきやすい性質を持つ。

牛乳中では特にカルシウムと結合してカルシウム塩の形で存在し、結果として牛乳中でカルシウムの安定な運び屋として機能する。牛乳中においてカゼインは、カルシウム?カゼイン?リン酸複合体の形で存在しているが、このときカゼインのうちで特に水溶性の高いκ-caseinの働きによってこの複合体はミセルを形成する。この結果、カゼインは一種の「安定剤」として、牛乳を均質なコロイド溶液にし、またその不溶性成分が析出することなく均質な状態を長期間保つ役割を果たしている。 またカゼインは、等電点であるpH 4.6において放置することで、牛乳から容易に分離することもできる。

Wikipediaには上記の様にがゼインの説明があります。

カマンベールチーズが持つ独特の固め方や形状を作るために使われます。

ただし、カマンベールチーズに含まれるカゼイン量は、製造工程や製造元やブランドによって差異があります。

アレルギーの原因になる事も知られています。

アレルギーがある方は、気を付ける事が必要です。

ウォッシュタイプ チーズ カマンベール

ウォッシュタイプのチーズは、お酒や塩水でチーズの表面を洗って熟成させるタイプのチーズです。

ウォッシュタイプのカマンベールチーズとは、通常のカマンベールチーズとは異なる製法で作られるタイプのカマンベールチーズのことを指します。

ウォッシュタイプのカマンベールチーズは、通常のカマンベールチーズと同様に、牛乳を使用して作ります。

製造過程での乳化剤を使用することで、よりスムーズでクリーミーな味わいを実現することができます。

ウォッシュタイプのカマンベールチーズは、通常のカマンベールチーズよりも柔らかく、臭いもキツイ場合いが多いです

臭いがキツイ分旨味も多く、チーズ好きにはたまらないチーズとなっています。

チーズよりも多少高価ですが、そのクオリティの高さから、フードコンシェルジュや料理人などにも人気があります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました